ホームゴルフニュース

今季ツアー最高額5000万円もギャラリーは寂し

[ 9月11日 10時0分 配信 ]

14番で第2打を放つ片山(撮影・亀山泰宏)
14番で第2打を放つ片山(撮影・亀山泰宏)

<男子ゴルフ:ISPSハンダ・マッチプレー選手権>◇最終日◇10日◇千葉・浜野GC(7217ヤード、パー72)◇賞金総額2億1000万円(優勝5000万円)

今季ツアー最高額の優勝賞金5000万円という今大会5日間のギャラリー数は、今季最少を記録した前週フジサンケイ・クラシック(山梨)の7152人を下回る2704人だった。最終日は晴天にも恵まれたが、884人にとどまった。

同じ千葉で日本初開催だった米シニアツアーのJAL選手権は3日間で5135人、岩手開催の日本女子プロ選手権は4日間で1万6135人を動員。前身のISPSハンダ・グローバル杯から毎年開催コースを変更してきた大会は来季、埼玉で開催の見込みだ。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード