ホームゴルフニュース

東浩子プロ6年目での3位に「自分に自信が持てた」

[ 9月11日 10時0分 配信 ]

15番、バーディーパットを決め、ガッツポーズを決める東浩子(撮影・狩俣裕三)
15番、バーディーパットを決め、ガッツポーズを決める東浩子(撮影・狩俣裕三)

<女子ゴルフ:日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯>◇最終日◇10日◇岩手・安比高原GC(6640ヤード、パー71)◇賞金総額2億円(優勝3600万円)

東浩子(25)が通算2アンダーで自己最高の3位に入った。

プロ6年目の東が自己最高の3位に入り、初めて賞金シード(50位以内)の奪取を確実にした。首位で迎えた最終日。12番から3連続ボギーも、15番で2メートル、17番では7メートルのバーディーパットを沈めるなど粘って3位を確保した。獲得賞金を2463万円とし、シード権の目安となる2000万円超えを達成。「泣きそうです。自分に自信が持てる1週間、戦えた」と涙目で喜んでいた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード