ホームゴルフニュース

イ・ボミ「感激」日本ツアー参戦7年目で待望の会員

[ 12月7日 13時48分 配信 ]

日本女子プロゴルフ協会の入会式に出席した選手たち。左から金楷林、イ・ミニョン、イ・ボミ、畑岡、姜秀衍、キム・ハヌル、森田
日本女子プロゴルフ協会の入会式に出席した選手たち。左から金楷林、イ・ミニョン、イ・ボミ、畑岡、姜秀衍、キム・ハヌル、森田

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は7日、都内のホテルで会員入会式を開催した。17年ツアーで優勝を飾った9選手のLPGA入会が承認され、式にはイ・ボミ、キム・ハヌル、姜秀衍、金楷林、イミニョン(すべて韓国)、森田遥、畑岡奈紗が出席。なおテレサ・ルーとフォン・シャンシャンは欠席した。今季からLPGAはツアー優勝した選手が会員申請した場合、理事会を経て入会承認している。

11年の日本ツアー参戦から7年目で待望の会員となったイ・ボミは「感激です。優勝しないとかなわなかったからうれしいです」と素直に喜びを表現した。8月のCATレディースの1勝だった17年を振り返り、パッティングとショートゲームの課題を挙げ「オフの合宿で練習したいと思います」と強調。自ら広報大使を務める平昌五輪についても「会場に行きたい。ショートトラック、フィギュア、スピードスケートを見たいです」と話していた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード