1つ前のページへ

ゴルフの歴史

第1回 はじまりは羊飼いたちの遊び
フェザー・ボール
『フェザー・ボール』

ゴルフ発祥の地については諸説様々で、主として英国のスコットランド説とオランダ説の二説に分かれますが、未だに決着をみていないようです。

しかし、ゴルフにまつわる文献は圧倒的にスコットランドの方に多く残っています。それらによるとゴルフは既に14世紀頃から行なわれていたようで、羊飼いたちが手に持った棒でウサギの巣穴に小石を打ち込んで遊んだのがはじまりと言われています。

その後、小石が木の根元を丸く削ったボールに変わり、次に皮袋に鳥の羽を詰め込んだ「フェザー・ボール」に変わりました。


ガッタバーチャ・ボール
『ガッタバーチャ・ボール』

そして1943年に登場したのが樹脂を乾燥させたゴムのボール、「ガッタバーチャ・ボール」です。このゴム製ボールはツルツルでほとんど飛ばなかったそうですが、繰り返し使用し表面に細かい傷が増えるにつれ次第に飛ぶようになり、これが今のボール、ティンプルの原型になったということです。

また初期のゴルフクラブはヒッコリーというしなやかで強靱な樹木から作られました。ヒッコリーは20世紀の中頃までスキーのストックに使われていたのでご存知の方も多いと思います。

クラブはその後、ヘッドにパーシモン(柿の木)とゴムのボールに一番マッチする軟鉄が採用されるようになり、現在に至ります。

このように19世紀後半からゴルフは急激に変化を遂げていきました。ちなみに全英オープンは1860年に第1回大会が開催されていますが、伝説上の有名なプロ、トム・モリス親子らが活躍したのもこの時期にあたります。

写真提供:日本ゴルフ協会

ページの先頭へ