1つ前のページへ

アジアンツアー(ツアー・協会)

アジアンツアーは日本を除くアジアの地域の男子プロゴルフツアートーナメントの名称であり、それを運営するプロゴルフ協会を指すことばでもあります。

1995年以前はアジアのゴルフツアーと言えばアジアサーキットでした。どのような経緯でアジアンツアーが誕生したのか。ゴルフツアートーナメントの歴史や協会の沿革をご紹介致します。

アジアンツアー

アジアンツアー

アジアンツアーは、日本をはじめタイやインド、シンガポール、ミャンマーなどアジア各国の若手ゴルファーにとって、世界への登竜門と言えるプロゴルフツアーです。

日本ゴルフツアー共催のシンガポール・オープンやミャンマーオープン、ダイヤモンドカップゴルフ、ヨーロピアンツアー共催のヒーロー・インディアン・オープンやオメガ・ヨーロピアン・マスターズ、UBS香港オープンなど、他ゴルフツアーとの共催ゴルフトーナメントが目立ちます。

2004年は全21試合でしたが、他ゴルフツアーとの共催によって試合数は増加し、2008年は30試合が行なわれました。これは、米国PGAツアーとヨーロピアンツアーに次ぐ世界3番目の規模であり、ジャパンゴルフツアー(日本ゴルフツアー)を凌ぐ結果となりました。

毎年、他ゴルフツアー共催ゴルフトーナメントは10試合前後が開催されており、2016年には25試合にものぼりました。

最多勝記録は、タイ出身のタワン・ウィラチャン(アクシネット)が成し遂げた18勝。2012年には3勝をマークして約74万ドルを稼ぎ、2005年以来、7年ぶりとなる2度目のアジアンツアー賞金王に輝きました。

45歳351日での賞金王獲得はゴルフツアー史上最年長記録を更新し、選手の投票によって決定される「プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれるなど、ウィラチャンの活躍を通じて、アジアンツアーも改めて世界中の注目を集めることとなりました。

アジアンツアー(協会)

アジアンツアー(協会)

東南アジアを中心に開催されているプロゴルフツアーである、アジアンツアー。

その起源は、1950年代からスタートした、アジア地域のゴルフ大会を回る「アジアサーキット(極東サーキット)」です。フィリピンやシンガポール、マレーシアやインド、台湾や韓国などを巡り、最終戦は日本で行なわれていました。

ほぼ全試合がナショナルオープン(プロ・アマ問わず出場できる大会)で、統括団体「APGC(アジア太平洋ゴルフ連盟)」のメンバーは、日本をはじめとした各国のゴルフ協会でした。

アジアのゴルフ界を活気付けていたアジアサーキットですが、「渡り鳥」と呼ばれる欧米選手の参加が増えると共に、大会開催国の選手の出場率は低くなっていきます。

危機感を持ったAPGCは、アジア選手の活躍の場を広げるために、1995年、「APGAツアー(アジアプロゴルフツアー)」を発足させました。やがて、ゴルフツアー運営の支援を行なっていたプロモーター会社の発言力が強まったこともあり、2003年、APGAツアーは「選手による、選手のための、選手の組織」としてアジアンツアーを立ち上げたのです。

その後、アジアンツアーは、世界の主要ゴルフツアーが加盟する「International Federation of PGA Tours(プロゴルフツアー国際連盟)」の正式メンバーにもなりました。現在、国際的に公式承認されたアジアのプロゴルフ協会として、多くのアジア選手に、プレーの機会を提供し続けています。

全国のゴルフ場・ゴルフ練習場をお探しの方はこちらへ

ケータイ版・スマートフォン版「ホームメイト72GOLF」への
アクセスはこちら

ケータイ版ホームメイト72GOLF
スマートフォン版ホームメイト72GOLF

ページの先頭へ