ホームゴルフレッスントラブルシューティング
トラブルシューティング 提供:月刊カジュアルゴルフ
ラフからの対処法バンカーからの対処法林からの対処法

左足下がりのバンカーショット

バンカーショットの中でも左足下がりのライは難しい条件のひとつですね。一番怖いミスは、ヘッドが砂に潜りきらずに起こるトップでしょう。難しいライだからこそ、打ち急いだりヘッドアップしてますますトップする可能性もあります。砂質が硬ければ硬いほど、そのリスクが大きくなりますよね。だからなるべくヘッドを潜らせるというか、あえてダフりたい。そこで僕の場合は、コックを多めに使い、鋭角にヘッドをドスンと落とすイメージで打ちます。傾斜なりに手前からスィープに打とうとすると、ヘッドが薄く入り、ミスにつながると思います。

 

左足下がりのバンカーショットはダフることが大前提。極端な左足下がりの傾斜で実践したように、コックを使ってヘッドを上から下へ落とすイメージで。目玉と同様、フェースを閉じて歯の部分からヘッドを砂に潜らせてもOK。

エッジからピンまでの距離が短い目玉のバンカーショット

ボール手前の砂ごと爆発させる目玉のバンカーショットは、僕らプロが打ってもスピンをかけるのが難しいもの。だからエッジからピンまでの距離が短いケースほど難しくなりますよね。安全に出しに行くなら、ある程度ピンオーバーを覚悟して打つしかありません。打ち方としては、フェースをかぶせた状態でセットアップ。スイングスピードが速くならないように、ゆっくりゆっくり振るイメージで。そしてボール手前の砂にヘッドの歯を潜らせていく感じですね。通常のバンカーショットのようにフェースを開いてしまうと、バンスがきいてヘッドが砂に潜ってくれません。その結果、ヘッドが砂に弾かれてボールの頭を叩いてしまうので注意して下さい。

one point

エッジからピンまでの距離が長い
目玉のバンカーショット

距離に関係なく、打ち方は基本的に同じです。フェースをかぶせて、ウェッジの歯から砂に入れてやること。距離感の出し方は、スイングの大きさとスイングスピードで調整するのがいいでしょう。その距離に応じて段階的にスイングを大きく、かつ速くするイメージ。そのときの自分の距離感は練習でつかんでおく必要がありますけどね。

 

目玉のバンカーショットはフェースを開かずにセットアップ&スイング。フェースを開くとヘッドが砂に潜らず、トップしてしまうミスに。ウェッジの歯の部分からボール手前の砂にヘッドを潜らせよう。

バンカー内にスタンスを取れないバンカーショット

この状態で最も起こりやすいミスは、ボールを上げようとしたり、打ち急ぎからヘッドアップ、結果的にトップしてしまうこと。もしくは、そのトップを嫌がってのダフりですね(笑)。僕は少しスタンスを広くして、ヒザをいつも以上に落としてドッシリ構えます。でも、オヘソから上の部分だけを見たらフェアウェイから打っているときと変わらない姿勢を保つことが大事。スイング中は、下半身をロックしているのでやや手打ちのイメージになりますが、打ち方そのものは通常のバンカーショットと同じ要領でいいと思います。

 

オヘソから上だけを見たら、通常のアドレスを取っているときと何ら変わらない状態に見えることがポイント。下半身をロック、カラダの上下動を少なくして手打ちのイメージで。打ち方そのものは通常のバンカーショットと同じだ。

バンカーの土手際に止まったボールの打ち方

僕らが気をつけるのは、薄く当たることでボールが上がらないミス。この状態からトップしてボールがバンカーのヘリの下に潜り込んでしまう最悪の状態も予想されますよね。そこで、まずフェースを開いてセットアップ。極端にダフってもいいぐらいの気持ちで打ちます。スイングのイメージとしては、インパクト直後にヘッドを止める感じ。振り抜こうとしても土手にクラブが当たりますからね。開いて構えること、ダフらせることで、ボールの飛距離が出ないようにしているので、怖がらずに思い切りよく振ることが大切です。

 

アゴがめちゃくちゃ高い場合のバンカーショット

右の写真のようにアゴが高いほど右足の体重のアドレス&スイングになってしまいますが、実際にはまったく逆。アゴが高いバンカーほど左足体重で打たなければいけません。スタンスをオープンに、フェースもオープンに構えたら、左足体重でスタンスなりにスイング。ヘッドアップに気をつけて、ボールをカチ上げようとせずにスイングしましょう。

 

one point

カチカチの砂からのバンカーショット

やはりバンスがきいて、ヘッドが弾かれてしまうのがこわいですよね。だから目玉のときと同じで、ヘッドを歯の部分から入れられるように、フェースを閉じた状態でスイングします。スイング軌道がスィープにならないように、少し上からヘッドを落とすようにして下さい。

 

one point

ふわふわの砂からのバンカーショット

どちらかと言えば、僕たちはふわふわの砂のほうがイヤですね(笑)。ヘッドが砂に潜りすぎてしまうリスクが大きいので、ウェッジのバンスを十分にきかせることがカンジンでしょう。フェースを開いて、思い切ってダフるイメージで、しっかり振り抜いて下さい。

注目ワード