ホームゴルフレッスンゴルフテクニックQ&A

ゴルフテクニックQ&A

ラフからのショットって難しい

的確な状況判断でセーフティーファーストに

沈んだボール、逆目のライ

 ラフからのショットでは、何よりも「ボールの沈み具合」や「芝目は順目か逆目か」などの情報収集を最優先させます。そしてライに対して最適だと思われるクラブとスイングを選択して、実際に素振りを行ないます。
 もし思った通りの素振りができればそのままアドレスに入りますが、少しでも予想外の要素(例えば芝の抵抗が強かったなど)が見つかった場合には、無理をせず短いクラブで安全なポジションにボールを運び、次のリカバリーショットで挽回するのが賢明です。
 ラフからのショットは予想通りに行かないもので、いちかばちかの無謀なチャレンジは大叩きの原因にしかなりません。失敗のリスクはできるかぎり避け、セーフティーファーストに行動するのが、スコアメイクのポイントになります。

手前から芝ごと刈り取るようなイメージで

芝ごと刈り取るスイング

 ラフからのショットでミスを避けるためには、ボールだけを打とうとせず、ボールの手前の芝を一緒に刈り取るようなイメージを持ちましょう。芝の抵抗に負けないよう、力任せにスイングすればするほど、芝がヘッドに絡みつき抵抗力は増していくもの。その結果、インパクトでフェースが返ってしまい引っかかりの原因にもなります。
 反対にダフリを気にせずゆっくりとしたスイングができれば、自然とラフの抵抗力は弱めることができます。ラフからの基本的な打ち出し方は、クラブのフェースを開いてアドレスし、バックスイングをアウトサイドに上げること。そして、ダウンスイングでは鋭角にヘッドを振り下ろし、フィニッシュまでしっかりとヘッドを振り抜きます。
 ピンまでの残り距離に届かなくても、クラブは鋭角に打ち込みやすい小さ目のものを選択しましょう。

フェースを開き、左足体重で思い切り良く振り抜く

アドレス時のクラブとボール

 ボールの沈み具合によってアドレスの取り方が変わるのが、ラフからのショットの特徴です。
 ボールが芝の上に浮かんでいる状態なら通常のショットとなんら変わりはありませんが、ボールが深く沈んでいる場合には普段よりも左足体重に構えます。そして、ボールの沈み具合に合わせて左ヒザを曲げ、体の中心軸も左に傾けていきます。軸を左に傾けるのは、クラブヘッドをより鋭角に打ち込むことで芝の抵抗を最小限に抑えるため。また、このときにフェースをやや開いてあげましょう。こうすることでクラブをロールさせずにスムーズに振り抜くことができ、芝の抵抗が強くてもインパクトでフェースが返りやすくなることを防いでくれるからです。
 以上のポイントを完璧に実践できれば、深いラフからも脱出することができますが、これはプロや上級者にとっても至難の業。よほどの勝算が見い出せないかぎり、ラフからは手堅く刻むことがベターだと思います。

バンカーショットのコツは?

バンカーでのミスを防ぐチェックポイント

フェースの向きを上にする図

 バンカーからのショットには、砂の爆発力を利用してボールを飛ばすエクスプロージョンショットを使います。これは直接ボールを打つよりも失敗が起こりにくいからなのですが、バンカーショットを苦手にしているビギナーは少なくありません。そこでエクスプロージョンショットでミスをしないための基本ポイントをいくつか挙げてみましょう。
 まずアドレスではクラブフェースを開き、そのフェースが目標へ向くようにスタンスもオープンにします。次にヘッドをボールの手前の砂の中へ打ち込んで、バウンスを利用して砂の中を滑らすように振り抜きます。バンカーショットに必要なポイントはこれだけです。
 チェックすべきポイントは、アドレスからインパクト、フィニッシュまでフェースの向きを一定に保ちながらスムーズに振り抜き、フォローでフェースが上を向くようにすることだけ。この約束事を守れば、バンカーからのミスショットは激減するはずです。

距離はフェースの開き加減で調整する

アドレスの違い

 バンカーショットは一回で脱出することを最優先させますが、距離感の出し方をコントロールできるようになれば戦略的な幅が広がります。
 バンカーからの距離の打ち分けは、アプローチと同じようにスイングの大きさ(トップの位置)で変える方法が主流ですが、もっとシンプルに、フェースの開き加減によって調節することでも可能です。エクスプロージョンショットは、フェースを開けば開くだけボールは高く上がり飛距離が短くなっていきますから、それを利用して、自分の最大飛距離をもとにフェースの開き具合でピンまでの距離を合わせていくのです。この方法のメリットは、スイングを変えることなく距離を調節できる点です。
 バンカーのような特別なショットでは、スイングには変化を加えず、アドレスだけを変える方が正確に距離を打ち分けられるようになりますので、ぜひ参考にして下さい。

目玉のバンカーショットはフェースを被せる

アドレス時のクラブとボール

 ボールが“目玉”のように砂の中へ沈んでしまっている場合には、通常のバンカーショットとは反対に、アドレスでフェースを被せるようにします。フェースを被せるのは、バウンスを減らしてヘッドがより砂の中に潜りやすくするためです。そして、クラブヘッドを鋭角に打ち込ますため左足に体重をかけながら、勢い良く振り抜くよう心掛けましょう。
 実際に見えているボールの真下にもうひとつ別のボールがあると想定し、そのボールを打つような気持ちで深くヘッドを打ち込むイメージです。スタンスをオープンにする必要はありませんが、目玉の場合は通常よりも砂の抵抗が大きくなるので、グリップ(特に左手)を強く握るようにしなければなりません。このショットはボールが低く飛び出しますので、落下後のランを計算に入れ、ボールの落としどころを定めて下さい。

条件の悪いライからの打ち方を教えて

自然な球筋を利用してポイントを設定

ライごとの飛球線

 アップヒルやダウンヒル、前足上がりや前足下がりなど傾斜地からのショットは、正確にボールを捉えてもスライスやフックの軌道を描きやすくなります。これは地形によってスイング軌道に微妙なズレが生じる結果起こる現象ですが、無理に真っ直ぐな飛球線に矯正する必要はありません。
 特にビギナーは傾斜地ごとにスイングを使い分けるようとすると、かえってスイングプレーンを崩しがちになる傾向がありますので、「アップヒルではボールがフックしやすいもの」「前足下がりは右に行きやすいもの」と割り切って考えるようにしましょう。傾斜の度合いによってボールの曲がり具合は予想できますから、あらかじめ目標に対して左右にアドレス方向を変えておくことで、十分に対応ができると思います。

アップヒル(ダウンヒル)は傾斜に対して垂直にアドレス

アップヒル(ダウンヒル)のアドレス

 傾斜地からのショットでは、セットアップまでの要素に調整を加えるのが基本です。
 例えばアップヒルなら、傾斜に対して垂直にアドレスすると重心は自然と傾斜の低い方(右足内側)にかかり、反対にダウンヒルでは左足内側に重心がかかります。この正しいアドレスが取れれば、あとは平坦地のショットと同じスイングをすればミスする確率は大きく減ります。注意すべき点があるとすれば、バランスが崩れないようスイングの大きさをコントロールすることと、大きめのクラブを使って距離感を合わせることくらいです。
 ただ、ダウンヒルではボールが極端に上がりにくいので、ランで距離を稼ぐ意識を徹底してクラブを選択しましょう。そして「ボールを上げたい」という考えを捨て、コンパクトなテークバックで左足体重をキープしながら、正確にボールをミートするよう心掛けて下さい。

前足下がりは得意のクラブで左足体重のまま打つ

左足体重の様子

 傾斜地のショットの中でも、とくに難しいと思われているのが前足下がりからのショットです。その理由はダウンスイングでフェースが開いたままヘッドが下りてきてしまうことにあります。
 これはスムーズな体重移動ができていないことの証拠でもあるわけですが、裏を返せば、アドレスであらかじめ体重を左足に乗せた状態にすることで解決できる問題です。ダウンからインパクトにかけて目とボールの距離を変えないよう、スイングの大きさでバランスを取り、左足に十分な体重を感じながらショットすれば、ミスヒットの確率は一気に減るでしょう。
 また、前足下がりのライからはショットが右へと流されやすくなりますが、これはロフト角の大きい得意なクラブを選択することでも調整が可能になります。ライの悪い所からのショットでは、グリーンを狙うことよりも失敗を避けることが先決。クラブ選択では慎重な判断が要求されます。

障害物を避けるショットが打ちたい

難敵ディボットは、ヘッドを鋭角に打ち下ろす

ディボット跡のヘッド入射角

 フェアウェイからのアプローチをイメージしていたら、ディボット跡にボールが止まっていた、なんて経験をしたことは無いでしょうか?一口にディボットと言ってもライの状態による種類がありますが、とりわけ難しいショットを強いられるのが、砂がないディボット跡の手前側にボールと芝が隣り合って止まっているケースです。普通に打ったのではボールの芯を捉えにくいため、ヘッドを上から鋭角に振り下ろす難しいショットが要求されます。
 この状況でナイスショットをする秘訣は、アドレスで左足に体重を乗せ、体の軸を左に傾けてからコンパクトなスイングをすること。フォロースルーを大きくとる必要もありません。
 また、テークバックで早めにコックをするとヘッドがより高く上がりますので、ボールをクリーンに捉えやすく高い弾道のボールを打つことができるはずです。

インテンショナル・フック(スライス)で障害物を回避

木をスライス(フック)で避ける球筋

 フェアウェイ中央に立っている木がショットの妨げとなっているような状況で、意図的にフックやスライスをかけることができれば、プレーの幅がグッと広がります。球筋を変える方法はいくつかありますが、アマチュアの方でも簡単に実践できるのがアドレスの調整によるものです。
 例えば、右から左に回るフックボールを打ちたいときには、打ち出し方向にスタンスを取り、フェースは落下点を向けます。つまり、アドレスでフェースが左を向いた状態です。このままいつものようにスイングをすれば、インパクトでフェースが閉じるためボールにはフック回転がかかります。スライスの場合も、同じ理論でフェース向きとアドレス方向を変えるだけです。
 アドレス調整によるインテンショナルなフックでは、インパクトでロフト角が小さくなるため飛距離が伸び、反対にスライスではロフト角が大きくなり飛距離が落ちますので、クラブ選択のヒントにしましょう。

林の中から枝の下を通すリカバリーショット

林の中から低いボールで脱出

 林の中からのリカバリーで木の枝が前方を遮っているような状態では、ボール弾道の高低差を自在に操ることが大きなアドバンテージになります。弾道を調整する方法としては、番手ごとのロフト差を利用した方法が知られていますが、アドレスでのウェイトの掛け方と体の中心軸の傾斜によって、比較的容易に高低差を打ち分けることもできます。
 仮に木の上を越すショットが必要な場合には、右足にウェイトを寄せ体の中心軸を右側に傾けたアドレスを取ってみましょう。ヘッド入射角が浅くなり、通常よりも高い弾道を描いてボールが飛んで行くはずです。
 反対に、左足にウェイトを寄せ体の中心軸を左側に傾けたアドレスを取ると、ダウンスイングの軌道が鋭角になるため同じ番手のクラブでもより低い弾道でボールが飛んで行きます。これを状況に応じて使い分けると、障害物をものともしないステディなゴルフを手に入れられます。

注目ワード