ホームゴルフレッスンゴルフテクニックQ&A

ゴルフテクニックQ&A

ティーショットでスライスしないためには?

持ち球に合わせた正しいアドレスの方向性を見つけよう

スライスボールの軌道とフェアアウェイ

 ビギナーの方に最も多い悩み、それがドライバーショットでのスライスです。スライスの解決法はレベルに応じて様々ありますが、ビギナーの場合、多くのチェックポイントを気にするあまり、自分本来のスイングすらおぼつかなくなって迷宮に陥りがちになってしまいます。
 そこで、チェックポイントをひとつに絞ってみましょう。例えばアドレスの取り方(方向)です。ゴルフのレッスン書や先輩ゴルファーは「目標に向かって真っ直ぐに」とアドバイスしてくれるでしょうが、自分の持ち球に合わせたスタンスを取ってみましょう。フェード系の人はアドレスの方向をあらかじめ正面やや左に向けたオープン気味のアドレス、ドロー系の人は正面やや右に向けたクローズド気味のアドレス、といった具合です。
 ビギナーにとっては、のびのびとスイングできるアドレスを見付けることが、最大の強みになると思います。

フォローとアドレスで、体とグリップの距離感を同じに

グリップとへその距離感

 市販のレッスン書では、インパクトのあと「フォロースルーでクラブヘッドを真っ直ぐ前方へ出すように」と教えているものをよく見かけます。その理論に異論はありませんが、あまりにもヘッドを真っ直ぐ前方へに出そうという意識が強すぎると、フォローでグリップが体(へそ)から離れ、方向性の決め手となる手もとの動きが不安定になってしまう場合があります。
 ティーショットでのスライスの代表的な原因のひとつが、この“不安定なグリップで手首が返らず、右へプッシュアウトする”というものです。そこで、フォローではスムーズに体をターンさせ、クラブをインサイドに回すような気持ちで、体とグリップの距離をできるだけ変えないよう心掛けましょう。
 アドレスとフォローでグリップを同じ距離にキープできれば、スライスの可能性は大幅に減らすことができると思います。

フェースをコントロールしやすいグリップの握り方

グリップの握りかた

 スライスボールを生みだす原因のひとつに、インパクトでクラブフェースが開いてしまい、ボールにサイドスピンがかかる“オープンフェース”が挙げられます。フェースのコントロールは、多くのアマチュアにとって難しい課題ですが、グリップの握り方を少し変化させるだけで、その調整ができる場合もあります。
 具体的には、クラブを握った際に右手のひらを真上に向けるだけなのですが、こうすることで右手親指(の腹)とクラブフェースが同じ方向へ向かせることで、スイング中の微妙なフェース向きを調整しやすくなります。
 また、同じように左手親指を、グリップの中央より右斜め側(ヘッドスピードが遅い女性は右真横に)に来るようにしても、上体の捻転力を効果的に使ったスイングが可能になり、腕のローテーションがよりスムーズになることでオープンフェースを防ぐことができます。

ドライバーの飛距離をUPさせたい

飛ばそうという意識を抑えリラックスする

でんでん太鼓

 飛距離を出そうとするときには、いくら気を付けていても上体に力が入って体が硬くなりがちです。すると、ダウンスイングで上体が浮かび上がってしまったり、グリップの位置が上下してしまうことで、ボールをフェースのスイートエリアで捉えることができなくなります。トップやテンプラ、シャンクといった当て損じが起こる原因は、こうした力みから来るものが少なくありません。
 そうしたミスを防ぐには、飛ばす意識をできるだけ抑え、アドレスからフィニッシュまで常に体(特に上半身)をリラックスさせることが効果的です。よくスイングは「ヘッドの重みを感じながら」と表現されますが、それを実践する際のポイントは、肩の力を抜いて腕をゆったりと伸ばすことです。体幹部を中心にして腕をぶらぶらさせ、遠心力を利用して振る感覚です。力任せのスイングでは、決してヘッドスピードは走りません。

アドレスで普段よりスタンスを狭くしてみる

広いスタンス→狭いスタンス

 飛距離を向上させる要素にはいくつかのポイントがありますが、代表的なもののひとつに「体重移動」が挙げられます。「少しでも遠くへ飛ばしてやろう」と思うあまりスタンスを肩幅より広く取るケースが多いように思いますが、これでは上体が回転しにくくなってスムーズな体重移動ができなくなります。
 そこで、アドレスを普段よりやや狭く取ってみましょう。なぜなら、スタンスを肩幅よりも狭く取ることで、上体が窮屈にならず効率良く体を回転させられるようになり、トップで右足に乗せた体重を効率良く左へとシフトさせることができるからです。結果、ダウンスイングでは自然とヘッドスピードが加速するようになり、今よりもボールを遠くへ運べるようになるはずです。

コックを利用してヘッドスピードを加速させる

コックの図

 飛距離アップの一番のポイントは、ヘッドスピードを上げること。通常、ヘッドスピードは体の回転力と体重移動のバランスによって決まりますが、さらに飛距離を稼ぎたいのであれば、意識的にコックを使ってヘッドを返すパワーを加えるようにしましょう。ただし、積極的に手首を使うことでフェース面の調整が難しくなるので、方向性が不安定になることに注意が必要です。
 コックにはバックスイングの早い段階で手首を折る「アーリーコック」と、トップへの切り返し間近に手首を折る「レイトコック」があり、自分に適した方を選択しますが、現在の主流になっているのはスイング軌道への影響が少ない「アーリーコック」です。フェースターンがスムーズに行なえるようになれば、ボールに伝わるパワーが増し「欲しかったあと10ヤード」が手に入るはずです。

ドライバーの方向性を安定させたい

アドレスで左足つま先を目標ラインに対して直角に

左足の角度

 ドライバーショットでは、ボールを「左足のかかと延長線上(前方)に置く」というセオリーがあります。このセオリー、見方を変えればアドレスでは左足がボールの飛球線に対して直角ではない、ということになりますよね。実は、ここに方向性アップのヒントが隠されているのです。
 ドライバーショットで左足をややオープンにしたスタンスを取るのは、フォロースルーを大きくとることが目的。しかし、スイングが確立していないアマチュアにとって、左足を開くことは左腰が引ける原因となり、ショットの方向性が不安定になってしまいます。
 そこで、アドレスでは左足を飛球線に対して直角にしてみましょう。体が開きにくくなり、スライスの原因となるカット打ちを防ぐことができるはずです。もちろん効果には個人差がありますが、自分のレベルやスイングタイプに合わせて、方向性を安定させる左足の角度を探し出してみてください。

トップは小さく、フィニッシュは大きく

ちいさなトップの図

 ショットの方向性を高めるには、インパクトでのフェース方向を狂わせるミスの要因を取り除くことが効果的です。そこで、トップをコンパクトにするようにしましょう。
 具体的には、下半身を安定させたまま上体の捻りによってグリップを上げ、右肩の横のところまでで止めます。この“小さなトップ”は、アドレスからインパクトまでグリップと体が正対している状態をキープできるため、スイングプレーンからヘッドが外れることなく方向性が高まります。また、ダウンスイングで上体の捻れを戻す動きもコンパクトになるので、左足への体重移動がスムーズになり、左足を軸に体をフルターンさせた大きなフィニッシュを取ることもできます。
 小さなトップでは飛距離が稼げないと思っている人もいるでしょうが、サイドスピンなどインパクトで起こる飛距離ロスの要因を防止できれば、現在よりも飛距離が落ちることはありません。

ワッグルでスイングイメージを固める

ワッグルの拡大図

 どれだけ入念に素振りをしても、アドレスに入るとつい肩に力が入り、体が硬くなってしまうものです。そんなとき、多くの方が体の力を抜くためにワッグルをしますが、これをショットの方向性の安定に利用することができます。
 例えば、スイングプレーン上にヘッドを乗せてワッグルすれば、バックスイングの方向感覚をイメージしやすくなるでしょう。同じように、インパクトの瞬間のフェース向きを確認することにも役立つはずです。ワッグルのメリットは、ヘッドを小刻みに動かし、それに連動して両足を動かすことでスイング始動へのリズムができる点にありますが、これから行なうスイングのためのイメージトレーニングとしても十分に利用できます。ヘッドの振り幅は、大きくても小さくても構いません。
 “わずかなヘッドの動き”を十二分に活用して、ショットの正確性を高めましょう。

フェアウェイウッドはどう打つ?

ボールの位置はドライバーよりやや右寄りに

ボールの位置

 スイングの最下点以降でボールを捉えるドライバーと違い、ティーアップしない場合が多いフェアウェイウッドは、スイングの最下点でボールを綺麗にヒットする“レベルブロー”のスイングが必要だとされています。ただ、ビギナーにとって“アッパー”“レベル”(“ダウン”も)の打ち分けは簡単ではありません。
 そこで、フェアウェイウッドを使う場合には、ボールの位置を変えてみましょう。ドライバーショットのボール位置を基準にして、やや体の中央より右寄りになるようアドレスします。打ち方はドライバーの時と変える必要はありません。飛距離を稼げるクラブだからといって決して力まず、体重移動を利用してヘッドを走らせるよう大きなスイングアークになるよう心掛けましょう。そうすれば、自然にレベルブローの軌道でボールを正確に捉えられるようになるはずです。

前後30センチの芝を払うように

前後30センチをホウキではらうイメージ

 フェアウェイウッドを上手に使いこなせない人の多くは、「ダフってしまいそう」という恐怖感を理由に挙げます。しかし、これは大きな間違い。なぜなら、ソール幅の短いアイアンはダフリがミスに直結してしまいますが、ソールに厚みのあるフェアウェイウッドは、例えダフってもヘッドが芝に引っ掛かりにくい構造になっているからです。
 ですから、ダフリを怖れず、インパクトでは前後の約30センチの幅でソールを滑らせるようにして打ちましょう。ちょうどホウキで芝を払うようなイメージです。これはクラブ特性を活かす“レベルブロー”のスイングで振る、と言い換えることもでき、結果としてボールとフェースがゆるやかな角度で接することで、理想的な弾道と飛距離を容易に手に入れられるようになります。

『ボールを上げなければ』という考えは捨てる

右肩を回転させ左足に重心を乗せるイメージ

 アマチュアの方がフェアウェイウッドを使う場合、「ボールを上げたい」と思うあまり右肩が下がりながら回転し、アッパースイングになる傾向があります。ミート率を上げるには体の軸がブレないことが大切なのに、これでは正確にボールを捉えることはできません。ボールの軌道を安定させるためには、「ウッドだから上げなければ」という気持ちを捨て、右肩を下げず体を横軸で回転させるよう意識しましょう。
 そもそも、フェアウェイウッドは自然にボールが上がる設計になっていますので、スイングレベルに気を取られることなく、スムーズで大きなスイングアークを心掛けましょう。
 また、右肩を回転させ左足(前方)に重心を乗せるようなイメージのフィニッシュを目指すことでも、体が開いてしまうというミスは防止することができます。

注目ワード