ホームゴルフレッスンゴルフテクニックQ&A

ゴルフテクニックQ&A

アイアンショットでミスを避けるには

“振り切らない”フィニッシュで正確性と飛距離を両立

フィニッシュを止める位置

 よく勘違いをされがちですが、アイアンは飛距離を稼ぐことを目的としたクラブではありません。あくまでも目標地点までボールを運ぶために用いるクラブですから、飛ばすことよりも狙ったポイントにボールを落とす正確性を重視しなければなりません。
 言い換えれば、アイアンショット(ロングでもショートでも)には大振りする必要性はないのです。ですから、フィニッシュはドライバーのように大きくとらず、グリップが自分の左肩の上あたりに来たところで止めるようにしましょう。ちょうどトップと左右対称になる位置が目安です。
 スイングを止めるにはブレーキのための力が働くので、飛距離(番手ごとの)が落ちるように感じるかもしれませんが、インパクトでボールに伝わるパワーはかえって強くなります。よって、飛距離を安定させながらコントロール性を向上させることができるのです。

インパクトゾーンを長くして球筋をストレートに

インパクトゾーンの図

 アイアンショットで正確に目標点を捉えるためには、ストレートな球筋を身に付けることが有利です。左右にブレない球筋を手に入れるポイントは、インパクトでボールに加わるサイドスピン量を減らすこと。そのためにも、ダウンスイングの早い段階でフェースとボールを正対させ、インパクトゾーンをできるだけ長くとるようにしましょう。
 イメージとしては、予想したボールの飛球線から後方へラインを伸ばし、ダウンスイングでヘッドを降ろしてくる際に、インパクトポイントよりできるだけ手前でヘッド方向をライン上に乗せる感覚です。前方に障害物があるなど特別な状況を除けば、アイアンショットに求められる距離感を、正確に打ち表せるのがストレートボールです。ダウンスイングの早い段階でヘッドをスクエアに戻すことで、ショットの曲がりを自身でコントロールできるようになりましょう。

フェース下部でインパクトしたボールを押し出すように

インパクトの図

 アイアンショットでは、何よりも正確な飛距離と方向性が要求されます。そして、スイングの最下点より手前でボールを捉えるアイアンショットは、フェースの下部でインパクトを迎えるのが基本となります。
 それを可能にするのが、グリップをヘッドよりも先行させる「ハンドファースト」のスイングです。インサイドからクラブを振り下ろし、インパクトではボールを押し出すようなイメージを大切にしましょう。この“ボールを押し出す”イメージが具体化できれば、ボールにはバックスピンがかかり、狙ったポイントにピタリと止めることができるようになります。
 プロがよくアプローチで見せる、インパクト後にターフを取るようなスイングと言えば分かりやすいでしょう。スピンの効いたボールが自由に操れれば、アイアンの距離感は飛躍的に高まるでしょう。

アプローチショットはどう打つか?

「下半身主導」のスイング基本は変わらない

下半身主導のスイング

 ピンまでの距離が短いアプローチショットでは、極端なスライスやフックが出にくいため、アプローチの成否はほぼ距離感で決まると言うこともできます。そして、その距離感がスイングの大きさを変えることで調整できることは、別項でも説明しました。
 では、実際に距離感を重視したアプローチショットで気を付けるべき点は何なのでしょう? その答えは「いつもと同じスイングをする」ことです。つまり、スイングの基礎となる「下半身主導」の原則は、どのショットにも共通だということです。フルショットであれアプローチショットであれ、スイングは下半身が最初に動き、それに連動して上半身やクラブが動き始めるのが大前提です。それがスムーズなボディーターンを可能にし、ダフリやトップといったミスを防止してくれるのです。この大原則を忘れると、距離の調整が難しくなるので注意しましょう。

左足を軸にして体を回転させる

ボディーターンの例

 飛距離よりもコントロールを重視する場合には、下半身の動きを小さくしヘッドスピードを調整しなければなりません。それに適しているのが、左足を軸にしたボディーターンです。
 左足に軸が来ると回転運動がグッとシンプルになり、通常よりも下半身の動きが制限されます。その反面、スイング軸がブレにくくなり、重心が右に残る弊害(ダフリやトップ)を避けることができるのです。
 また、左足を軸にしたスイングは右足の動きを制限するため、バックスイングで発生するパワーも自然と小さくなります。これに呼応するようにして上半身やクラブヘッドの動きがコンパクトになり、ヘッドスピードのコントロールがより調整しやすくなるわけです。
 アプローチショットの基本は、左足を軸にしたボディーターン。これを常に頭に入れておけば、距離のコントロールがしやすくなるでしょう。

スイング中はグリップと体の位置を一定に

グリップと体の位置

 アプローチショットでは通常よりも短い距離を狙うため、どうしても「打ちすぎないように」という気持ちが働きがちです。それがマイナスに働くと、インパクトの瞬間に左ひじが抜け(グリップが体から離れ)ヘッドが遅れてしまい、ボールの方向性が安定しません。
 スイングの“強さ”はフルショットでもアプローチショットでも同じが基本ですから、スイングを通してグリップと体の位置を一定にするようにしましょう。そして、インパクトの瞬間にヘッドをスムーズに体の正面へ持っていくため、(小さな)トップから素早くヘッドを縦方向に下ろし、そのままの流れで体を回転させなければなりません。
 ボールを体の正面で捉えるには、ボールの位置を体の中心より右側にズラすことも効果的です。「グリップと体」と「ボール」という2つの位置を、アプローチショットのスイングのチェックポイントとして活用してください。

アプローチの距離感はどう求める?

基準となる“自分の距離”を見つける

番手ごとの飛距離の差

 残り100ヤード前後のショートアイアンを使うアプローチは、微妙な距離感の調整が求められます。飛距離の調整には様々な方法がありますが、ビギナーの場合は素直にクラブの番手を変えることで距離を調整するようにしましょう。
 そのときのポイントは、自分の基準となる飛距離を把握すること。例えば8番アイアンで120ヤードの距離が出せるのであれば、同じスイングで9番アイアンを手にすれば110ヤードの距離にボールを落とすことができます。これはショートアイアンが、番手ごとにおよそ10ヤードの飛距離差が出るように設計されているからです。
 こうして基準となるクラブの飛距離を把握できれば、あとはグリーンの傾斜や周囲のハザードなど、状況に合わせてピンを直接狙うのか、手前から攻めていくかという状況判断をするだけですから、大きなミスを招くことは避けられます。

スタンスやグリップなど“飛ばさない”工夫

飛ばないグリップ

 グリーン間近の50ヤード以内のアプローチは、フルスイングの必要性が低いため「ボールを飛ばさない」ことが、成否を分けるポイントになると言っても過言ではありません。
 ボールを飛ばさない工夫には「クラブを短く握る」「スタンスを狭くする」「ボールに近づく」などがありますが、意外に知られていないのが“飛ばさないグリップ”です。これは両腕がクラブと一直線になるように、手のひら寄りのところ(生命線に沿って)に当てたグリップで、手首が使いにくくヘッドが走りにくい握り方です。ヘッドが走りにくいということは、当然飛ばすことには不向きなのですが、「ボールを飛ばさない」短い距離のアプローチにはこれが有効利用できるというわけです。手首が使いにくいことで、振り子のようなスイングになり、短い距離の調整もしやすくなるわけです。
 スタンス幅やグリップなど“飛ばない要素”を組み合わせ、微妙な距離の調整に役立ててください。

スイングの振り幅で距離を打ち分ける

ショットごとのトップの位置

 アプローチで微妙な距離感を打ち分けるには、スイングの大きさを使い分けるコントロールショットが有効です。これは、通常のスイングを「1」として、トップの大きさを「1/2」や「3/4」へとコンパクトにすることで、距離をコントロールする方法です。ハーフショットと呼ばれる「1/2」ではトップの位置を腰の高さにし、スリークォーターショットと呼ばれる「3/4」では、右肩のあたりでトップを完了します。こうすることで、フルショットで100ヤードの距離が出れば、ハーフスイングで50ヤード、スリークォータースイングで75ヤードと、3種類の距離を打ち分けることができます(あくまで目安で個人差がありますが)。
 ポイントは、スイングのスピードや軌道は同じまま、トップの大きさ(スイングの振り幅)だけを変えること。コントロールショットが身につけば、クラブの本数×3通りの距離が打ち分けられ、どんなアプローチにも対応できるようになります。

アプローチショットの使い分け方を教えて

アプローチの基本「ランニング」をマスター

ランニングのボール軌道

 アプローチには、「ピッチショット」「ピッチアンドラン」「ランニング」と3つの種類があります。目的や状況によって、それぞれのアプローチ方法を使い分けることができれば良いのですが、練習時間に限りのあるアマチュアにとっては至難の業・・・。
 そこでビギナーには、最も安全性が高く応用範囲の広いランニングアプローチをマスターすることをお勧めします。ランニングアプローチショットの基本は、ボールをクリーンにヒットすることです。そのため、アドレスではボールにできるだけ近付いてクラブを短く持つようにします。そして、スイングというよりはパットのストロークのようなイメージで、トップを小さくしてボールに対してヘッドを強めに当てましょう。
 注意点は、ハンドアップに構えて、ソールの先端(トゥ)を地面に付けるようにすること。こうすることで手首をロックしやすく、方向性を高めることができます。

ロブショットはソールを滑らせて打つ

ロブショットのボール軌道

 グリーンの手前にバンカーや池がある場合には、ボールを上げてピンに寄せるアプローチショットを使わなければなりません。このときに使うのが「ロブショット」と呼ばれるテクニックですが、困難な状況から用いることが多く、苦い経験をした人も多いことでしょう。
 ロブショットで重要なのは、ピンまでの距離を考え、振り幅を明確に定めてからグリップ力を変えずに思い切り良く振り抜くことです。PWやSWではバウンスをを効かせ、ボールの手前からダフらせるようにスイングしましょう。ライの状況が読みにくい場合には、フェースを開くことも有効です。そしてインパクト後にしっかりとヘッドを振り抜くために、ダウンスイングはインサイドから振り降ろすようにします。
 とかくミスを怖れ、思い切りの良いスイングがしにくいロブショットですが、振り幅を定めたら雑念を捨てソールを滑らすように振り抜くことで、成功率は大幅に高まるはずです。

砲台グリーンはランニングアプローチで攻める

砲台ランニングの軌道

 グリーンがフェアウェイよりも高い位置にある砲台グリーンへのアプローチは、距離感を掴むことが非常に難しいものです。こういった場合の代表的なアプローチには、ピッチアンドランでグリーン手前の斜面に当ててピンを狙う方法がありますが、クッションの方向次第で結果が大きく変わるためお勧めできません。
 そこで視点を変え、2段グリーンの下からパッティングでピンを狙うようなイメージでボールを転がす、ランニングアプローチを使ってみましょう。ボールを上げて止めるピッチショットを使うより、距離感の過ちによるミスは格段に減らすことができるはずです。
 また、この攻め方はボールの上がりにくいライ(例えば左足下がり)からのアプローチでも、好結果を得られると思いますので、一度トライしてみてはいかがでしょうか。

注目ワード