ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン28
レベルアップ講座
レッスン28 バンカーの基礎 Part1 レベルアップ講座トップへ
 
ステップ1

今回は皆さんからの要望が多い「バンカー」についてのレッスンです。巷でよく聞くバンカー脱出法に「クラブを2〜3cm手前にドーンと落とす」なんて表現がありますよね?あれ実は正しくないんですよ。悪いことは言いませんので、今すぐ頭の中から消し去って下さい。クラブを2〜3cm手前に落としたところで、ヘッドが砂の中に潜っていくだけ。パワーのある人だったらボールを出すこともできるのでしょうが、あまりオススメできる打ち方とは言えません。ではどうしたら良いのか?

例によって皆さんがイメージしやすいシンプルな練習法をご紹介しましょう。まず(写真1)のように千円札の上にボールが乗っているとして、このボールを千円札ごとスパッと「めくる」感じで打ってみて下さい。打ち込むのではなく、あくまでも「めくる」イメージです。このイメージを持つことができれば、フェース面は変わらないはずです。

写真1
 
ステップ2

次に、砂の上に指で千円札ぐらいの大きさの長方形を描き、その長方形をスローモーションでめくってみる、そんな練習をしてみて下さい。
正しく「めくる」ことができていれば、(写真2)のようにフォローで砂がフェースの上に乗っているはずですよ。

この方法で練習すれば、バンカーを畑のように耕すなんてことはなくなるはずです。バンカーにボールが入ってしまった時には、「千円札をめくる!」と心の中でイメージして、あとは思い切ってスイング。これできっと“ナイスアウト”です。次回はバンカーの技術についてもう少し詳しく説明します。またお会いしましょう!

写真2

前のレッスンへ
注目ワード