ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン23
レベルアップ講座
レッスン23 再現性の高いスウィング
レベルアップ講座トップへ

今回はどうしても手打ちが直らない方に、下半身で打つコツ、スウィングにおける下半身の使い方をレクチャーします。

どんなに理論的でシンプルと考えられるスウィングにもミスは付きものです。しかし少しでも確率の高い、つまり再現性の高いスウィングを身につけたいと思うのがゴルファーの願いだと思います。クラブを持っているのは手ですから手で打ちたくなるのは当然なのですが、手だけが勝った動きになるとどうしても再現性がありません。

ここでひとつ分かりやすい例を挙げてみましょう。ラジオ体操で腕を左右に振って、最後にビューンと後方の放り投げるような動きがありますよね。あれは見た目は腕を振っているように見えますが、実際は足を左右に踏み変えることによって腕がついてきているんですよ。つまり「足は能動態」「腕は受動態」になっているのです。足が動きを主導して、それにつられて腕が追従するので、腕の長さ分だけの円周で意識しなくても同じ円弧を描くことができるのです。同じ動きを腕だけでやってみると、早く動かせば動かすほど円はイビツになっていくはずです。

そこでさらに付け加えると、例えば竹ボウキを先程のラジオ体操のように横に振ってみてください。手だけではとても何回も振れませんよね?しかし足を左右に踏み変えれば勝手に竹ボウキは動きます。 逆に小さなホウキだと小手先だけでも同じ動きができますが、何回も振るとその円弧がイビツなのが分ります。ゴルフのスウィングもこれと同じです。

ショートアイアンならなんとか打てるけど、番手が上がるごとに確率が落ち、5番アイアンになるともううまく打てない、3番アイアンなんてバッグにも入れていない・・・こんな皆さんはまちがいなく“手打ち”です。ドライバーがまともに当たらない、飛ばないというのも同じ理屈です。

そこで今回はまず、下半身の使い方がしっかり覚えられるコツを教えましょう。

まずはスウィングの前半。足を閉じてアドレスします(写真1)。

次に右足から始動してトップまで持っていって下さい(写真2・3)。トップでしっかりと右足に加重感があることを実感できるはずです。(腕だけで上げたら右足に加重感はありませんよ。)そしてこの時に体感して頂きたいのは、右足から始動して右腰→右上半身→右腕→シャフト→ヘッドの順に動きが連動(追従)してきているのをしっかりと感じて下さい。

次回はダウンスウィングでの下半身の使い方に入っていきますので、それまでに今回の内容をマスターしておいて下さいね。



1.足を閉じてアドレス(写真1)

2.右足から始動して右腰→右上半身→右腕→シャフト→ヘッドの順にトップへ。右足に加重感を感じるように。(写真2・3)
注目ワード