ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン17
レベルアップ講座
レッスン17 球をしっかり捕らえる レベルアップ講座トップへ
 
ステップ1

今回は“球をしっかり捕らえる”というテーマです。今回のレッスン内容は以前に解説したレッスン.10とレッスン.12に関連していますので、復習を兼ねて振り返ってみて下さい。ではいきましょう。

恐らくみなさんの中には「球が捕まらない」「スライスしか打てなくて距離がでない」なんて悩みを抱えた方が多いと思います。レッスン.10で「スプリットハンド打ち」について解説しましたが、今回はその実践版と考えて下さい。

まずはレッスン.12「パワーの貯まったトップを作るドリル」で解説した、右股関節に重心が乗るようなトップを作ります。当然トップで上半身は半身になっていますよね。

右股関節に重心を乗せたトップ。上半身は半身のまま。
 
ステップ2

ここからがポイントです。その半身の体勢のまま、クラブをアドレスの位置に戻すようしっかりと腕を振って下さい。注意点は“半身で腕を振る”ということです。どうでしょう、なんとなく“球をしっかり捕らえる”というイメージが掴めませんか?

理論ばかりが先行して頭でっかちになってはいけませんので、まずは写真をよく見ながら繰り返し実践してみて下さい。 イメージ的には、胸が右を向いているうちに腕をしっかり振って打つという感じです。きっと左回転のドロー系のボールが出てくるはずです。

実はこの練習、フェード系のボールを持ち球にしている方で、ちょっと調子が下降線になり球筋がスライスに変わってきた時に効果的な練習なのですよ。

もちろん持ち球がフェード系の方だけでなく、ビギナーからシングルまで幅広く実践できる練習ですから、是非取り入れてみて下さい。次回は今回の内容に関する理論を説明したいと思います。

ポイントは半身で腕を振るという点。

前のレッスンへ
次のレッスンへ
注目ワード