ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン13
レベルアップ講座
レッスン13 テイクバックとダウンがスムーズになるドリル レベルアップ講座トップへ
 
ステップ1

前回はパワーを効果的に蓄積させるトップの作り方をレッスンしましたが、今回はその内容をふまえた上で、テイクバックをスムーズに始動させ、ダウンスウィングも下半身から自然に動きだせるようになる“おいしい”ドリルを紹介します。

テイクバックはどこから動かせばいいのか、多くの方が悩んでいるのはこの点ではないでしょうか。

ズバリその答えは「右足から」です!昔からよく言われる「クラブヘッドから」「右肩から」というフレーズ、厳密には間違いなんですよ。

「いや、俺はそうやって上手く打ててるぞ!」なんて反論が聞こえてきそうですが、どんな形でも上手く打てているならば、もちろんそれでOK。私が強調したいのは、クラブヘッドや右肩から始動している方でも、厳密には自然と右足からエネルギーが立ち上がってテイクバックができているという点です。

両足をそろえてアドレスする。
 
ステップ2

分かり易い例えとして、野球のピッチャーがセットポジションで投げる動きを真似してみて下さい。見た目には左足から上がっているようでも、左足を上げるには、その直前に右足の裏からエネルギーが立ち上がっているのが体感できるはずです。(女性の方でセットポジションが分からない方ゴメンナサイ。周りの男性に聞いて下さい)

解説が長くなってしまいましたが、スムーズなテイクバックとダウンスウィングを身につけるドリル、いってみましょう!

まず、両足をそろえてアドレスします。そして右足を広げながらクラブを上げます。

右足を広げながらクラブを振り上げる。
 
ステップ3

最後に、トップから自然に振り下ろします。これだけです。ドリル自体は非常に簡単ですよね。

これを普段の練習に取り入れてもらうと、通常のスタンスでのアドレスからも自然にテイクバックが始動できるようになり、ダウンスウィングも右足から左足へと重心をスムーズに移行できるようになります。

実際にボールを打っても結構ですし、素振りだけでも十分な効果があります。これまでのドリルと組み合わせて、是非練習して下さい。

トップからは自然に振り下ろす。

前のレッスンへ
次のレッスンへ
注目ワード