ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン12
レベルアップ講座
レッスン01 ナチュラルグリップ レベルアップ講座トップへ
 
ステップ1

今回はみなさんからの質問が非常に多い、「トップで右足に上手く重心が乗るとはどんなイメージか」を実感できるドリルの紹介です。 はじめに写真1を見て下さい。一見トップの高さもでてますし、格好いいハイトップの完成に見えます。しかし、よく観察するとテークバックは手だけを上げてしまっていて、横腹が伸び、右股関節が伸びています。
つまり全然パワーが貯められていないのです。思ったように飛距離が伸びない、と悩んでいる方の多くはここに原因があります。

トップで貯めたパワーをダウンスウィングで解放してやるわけですが、これではパワーは上へ(横腹)、横へ(右股関節)逃げてしまっていてパワーが効果的にボールへ伝わっていきません。この状態を脱し「右に体重が乗る、股関節にはまるとはどういうイメージなのか」を体感できるのが今回ご紹介するドリルです。では、いってみましょう。

手だけを上げると腹筋や右股関節が伸びてしまいパワーが逃げてしまう
 
ステップ2

まず上体を前傾させて「下さい」のポーズをとります 。

上体を前傾させ「ください」のポーズ
 
ステップ3

そして上半身だけを回れ右して下さい。

そのまま上半身だけを「回れ右」
 
ステップ4

どうです?右足に体重が乗って、股関節も伸びていませんよね。この状態に腕を乗せてあげれば、ほら、しっかりとパワーの貯ったトップの完成です。

手の位置が気になる方もいるでしょうが、グリップの高さは関係ありません。肩関節の可動域が大きい人は高くなるし、そうでない人は低くなる。ただそれだけのことです。それよりもしっかりと右膝と右股関節に体重を感じることが大切です。そうすれば、自然な流れでダウンへと移行でき、力強いボールが飛び出すはずです。

このドリルはクラブを持たなくてもできますから、何回も繰り返して会得して下さいね!

それに腕を乗せればパワーの貯まったトップの完成

前のレッスンへ
次のレッスンへ
注目ワード