ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン10
レベルアップ講座
レッスン10 スプリットハンド打ち レベルアップ講座トップへ
 
ステップ1

今回は聞き慣れない言葉かもしれませんが、『スプリットハンド打ち』というドリルを紹介します。

ゴルフを始めたばかりのビギナーはもちろん、キャリアはあるけれどなかなか上手くならないという方にも非常に効果的なドリルですから、しっかり練習しましょう。

一般的にビギナーや思ったように上達しない方の多くは、インパクトで「手おくれ」または「ヘッド遅れ」の状態でボールを打っている傾向があります。

ダウンスウィングで一番最後に下りてくるクラブヘッドをボールに合わせにいこうとし過ぎるあまり、インパクトではアドレスの時よりも手(グリップ)が前に通り過ぎてしまう、いわゆる手抜け・ヒジ抜けになってしまってるんですね

グリップが先行してヒジが抜けている状態
 
ステップ2
そこに待ってるのは、力の無いスライスボール、上手く当たったはずなのに左へ一直線のボール、このいずれかだと思います。

その矯正法として私がオススメするのが『スプリットハンド打ち』です。写真のようにクラブを持ってボールを打ってみて下さい。
コレがスプリットハンドグリップ
 
ステップ3

注意点は私がいつも口を酸っぱくして言っている「トップでの半身感をキープして打つ」こと。そして「インパクトからヘッドがグリップを追い抜いていくこと」を体感しながら打つことです。

このドリルを続けることで、「ボールがつかまる」というイメージを実感できるようになると思いますよ。またスプリットハンドでの素振りも効果満点です。その際のポイントはゆったりとスウィングすること。

さぁ、何年経ってもスライスボールに悩んでいるあなた、是非トライしてみて下さい。あなたの球筋、きっと変わりますよ!

左手が止まってヘッドが追い抜く感じ、左脇がしまっていることを実感しよう。

前のレッスンへ
次のレッスンへ
注目ワード