ホームゴルフレッスンレベルアップ講座レッスン01
レベルアップ講座
レッスン01 ナチュラルグリップ レベルアップ講座トップへ

このレッスンコーナーでは「従来の誌面レッスンじゃよく分からない」「100の壁は切ったけど、まだまだ上手くなりたい」という皆さんの為に、なるべくイメージしやすい内容にしていきたいと思います。

 
ステップ1

さて、いま『イメージ』という言葉を使いましたが、スウィング作りにおいてはスウィング細部のパーツよりも、この『イメージ』というのが重要であると考えています。いままで多くの方をレッスンしてきましたが、あまりにもパーツや理論にこだわり過ぎな人が多い、というのが実感です。 例えばスウィングをこんな風に考えている方はいませんか?

(1)ボールをよく見て頭を動かさない、(2)トップでは左肘を伸ばす、(3)下半身は不動を心掛け上半身をねじる・・・こんな事は人体の構造上不可能ですよね?

確かに理論は大切ですが、スウィング(ゴルフ)は因数分解や方程式とは違います。まして人にはそれぞれ体型や筋力に違いがありますからね。 これからのレッスンで、スウィングに対する固定観念に縛られた人のちょっとしたヒントになればと思います。

 
ステップ2

それでは第1回はグリップについてのアドバイスです。 当然ですが、皆さんはお茶を飲む時、何も考えずにグラスを手に取りますよね。グリップも全く同じです。

前傾して腕をダランと垂らした状態での手首(左手)の関節の向きを確認して下さい。それがあなたの“自然な”関節の向き、つまり“自然な左手のグリップ”となるわけです。そして、その垂らした手首をシャフトに平行移動して、次に親指と人さし指をくっつけて下さい。

自然な関節の向きでシャフトまで平行移動する
 
ステップ3

できましたか?これがとても大事なポイントなんですよ。ここが開いてしまっているとクラブが縦(オーバースイング)にも横(クロス)にも暴れ、スウィングに余分な動きが入ってしまいます。 さて、次は右手です。

「自然な関節の向き」でグリップした左手の親指と人さし指でできた線と、同じく右手の親指とくっつけた人さし指の線が平行になるようにグリップします。 そして最後の仕上げに両手の中の空気を抜くというか、空気を入れないフィーリングをつかんで下さい。密着感、一体感ですね。

さあ、これでスクエアでもストロングでもない、あなただけのナチュラルグリップの完成です!このグリップは今後進めていくレッスンの第1歩であり、実はこのグリップは下半身で打つ為のグリップでもあります。


次のレッスンへ
注目ワード