ホームゴルフレッスンあなたが100&90を切れない12の理由

あなたが100&90を切れない12の理由。〜スコアアップのための傾向と対策〜

提供:月刊カジュアルゴルフ
基本プラン基本マネージメント即効プラクティス
普段の練習で実践したい即効プラクティス

Practice1

疑似ラウンドで一打ごとの集中力を高めよう!!

練習場では一打ごとに目標をきちんと決めて打つクセをつけよう。効果的なのは、レイアウトを憶えているホームコースや、よく行くコースでのラウンドを想定しての疑似ラウンド。練習にもある程度の緊張感が必要だ。また、その際に自分で決めたショット前のルーティン(決まり事)を行なってから打つとなおベター。本番でも変わらないリズムでショットに挑むことができる。

 

Practice2

アプローチの練習を最重要課題に!!

アプローチ練習では、まずセットアップに注意する。自分が狙っている目標に対してアドレスをきちんと取り、目標を見ながら素振りするぐらいの感覚で丁寧に目標を狙う。ボールに対してセットアップしてしまうと、ボールを打つことに気を奪われ、距離感や球筋が安定しない。目標にボールを運ぶようなイメージで練習しよう。また、同じ距離を続けて打つのではなく、一球ごとに距離を変えて。さらに、ピッチショットだけでなく、ピッチエンドラン(9番アイアンなどの転がし)など実用的なバリエーションも増やしておきたい。

 

目標を見て素振りするだけでも距離感と方向性はグッと良くなる。また、ザックリやトップ、アプローチシャンクなどのミスの予防には、写真右のように右足カカトを浮かせて打つのが効果的。

Practice3

アイアンは飛距離よりも安定感重視で!!

人間のカラダは器用なもので、同じ番手のクラブばかりを続けて打つと、スイングの善し悪しに関わらず、ある程度の合わせ打ちができてしまう。なるべく短いスパンで番手を変えて打つようにしたい。その際に自分の飛距離をしっかり把握しておくことも忘れずに。力みのない状態で、平均何ヤード飛ぶか? 最大飛距離ではなく、平均飛距離を把握する。さらにドローかフェードか、自分が自然に打てる球筋を徹底的に磨こう。

Practice4

ドライバーばかりを集中して打たない!!

ドライバーの練習のしすぎは百害あって一利ナシ。余分な力みがスイングを乱してしまう。長いクラブ(ウッド系)を打ちたいなら3W・5Wの練習を。それだけでも直接ドライバーを練習する以上の効果が得られる。逆に、練習中にボールが散り始めた場合に限っては、自分のスイングの基本となる番手を集中して打っても良し。そのように、いつでもスイングを矯正できる得意クラブを作ることも大事だ。

 

Practice5

コースではパター練習をなるべく入念に!!

ラウンド当日はパター練習がたっぷりできる絶好の機会。練習グリーンをフル活用して経験不足を補おう。その練習グリーンでは、極端に傾斜のあるラインや曲がりの大きいラインでの練習は控えめに。あくまでもストレートなラインをストレートに打つための基本練習を忠実に行なうことが大切だ。また、入れごろ外しごろと言われる1メートル程度のパッティングを入念に。ロングパットでは、入れるよりも1メートル圏内に寄せる感覚を磨こう。それは必ず実際のラウンドでも役に立つ。

 

写真左/ラウンド直前のパター練習は絶対不可欠。たとえ短い時間でも必ず練習するように心がけよう。また、パター練習の基本は常にストレートなラインで、ストレートなボールを打てるように気を使うこと。直前の練習では、ひとつのカップに対し、4方向から入れごろハズしごろの距離を反復練習するのも効果的だ。
写真右/ロングパットの練習はあまりシビアに考えず、カップのまわり1メートル圏内に寄せるイメージで。
注目ワード