ホームゴルフレッスンカン違いだらけのスイング・アドバイス
カン違いだらけのスイング・アドバイス 提供:月刊カジュアルゴルフ
 
 

スタンスの幅は、自分の肩幅より少し広めに取りなさい。

これはスイングした時に身体がフラついてしまう人ボールが当たらない人に対して下半身を安定させるためによく言われること。しかし、実際はスタンスの幅を広く取ると、逆に身体がスウェーしやすくなってしまうのです。他にも身体が捻転できずに手だけで打つ弊害を招き、ボールの弾道が低くなったり、ヘッドの軌道が定まらず、トップやダフりが多くなってしまいます。理想的なスタンスとしては普通に歩く歩幅を目安にするといいでしょう。基本的に、スイングは常に動いた状態で行なわれるものであり、スタンスの幅を広く取るなどして下半身を固めてしまうのは逆効果です。

グリップしたとき、左右の手はなるべく詰めて握りなさい。

シニアゴルファーの方でよく左右の手を詰めてグリップしている人を見かけますね。これは昔、ジャンボ尾崎プロや中嶋常幸プロが全盛の時代、左右の手を詰めてグリップすると左手一本でリードするイメージがつかみやすいと言われていたことに始まっているようです。しかし、このグリップでスイングすると自分でスイングプレーンが確認しにくいうえに、ボールの方向性や弾道が安定しづらくなります。さらにエビのように身体が反り返ってしまう逆C形のフィニッシュになって腰を痛めてしまう可能性も。左右の手は無理に詰めずにグリップして、左手一本でリードするのではなく両手と身体の捻転を中心に身体全体を使ってスイングするのが理想です。

写真左/普通に歩く時の足の幅ぐらいが理想です。
写真右/スタンスを広く取ると、下半身が固まってスウェーしやすくなります。

写真左/オーバーラッピングの場合、左右の手を詰めすぎないように。右手の小指を左手の人差し指の上に乗せるくらいに余裕があると良いでしょう。
写真右/右手の小指を左手の人差し指と中指の間に詰めてグリップした状態。これだと右手が使いにくくなります。

左手小指から3本を強く握ってグリップしなさい。

ゴルファーには右利きの人が多く、どうしても右手に力が入り過ぎてしまうもの。それを防ぐため、左手に意識を持たせようとして言われるようになったアドバイスでしょう。しかし、このグリップでスイングすると今度は手や腕に力が入り過ぎてスイングしてもクラブが棒のようになってしまいヘッドが走りません。グリップは左手小指から3本と右手薬指・中指の2本=計5本で握る意識を持つといいでしょう。握る力は強く握った状態を10のうちの7とすると5以下を目安にして下さい。但し、深いラフに入ったときフェースがかぶらないようにしたい場合や、どうしてもダフりたくないときは、左手小指から3本を強く握るグリップは有効です。

アドレスではオシリを突き出すようにして構えなさい。

これは人からそう教えられるというより、初心者がアドレスするとほとんどの人がオシリを突き出すようにして構えてしまうことから言われることでしょう。オシリを突き出してしまうとカカト体重になってしまい、スイングした時に体重移動がスムーズに行なえません。またアドレスでは身体をしっかりと捻ることも難しくなり、結果として身体の捻転を使わない手打ちのスイングになってしまいます。アドレスの目安としては腰をやや浮かせる感じで、土踏まずの少し前あたりに体重を乗せて構えます。このときに[肩・ヒザ・足の指の付け根]が、同じライン上にあるかどうかを確認するといいでしょう。ちなみにオシリを突き出してアドレスすると、肩のラインが足の指の付け根よりも前に出てしまうはずです。

グリップは左手小指から3本と右手薬指・中指の2本=計5本で握る意識を持ちましょう。

写真左/肩・ヒザ・足の指の付け根が同じライン上にくるのが正しいアドレスです。写真右/オシリを突き出してアドレスするとカカト体重になり、肩のラインが足の指の付け根よりも前に出てしまいます。

ゴルフスイングでは頭を動かさないようにしなさい。

練習場で教える人が教えられる人の頭を手で押さえている光景をよく見かけますが、これはあまり参考になりません。おそらくヘッドアップを避けるためにこのようなアドバイスがなされているのでしょう。しかし、フルショットの場合頭が自然に後方へ動いていく動作に問題があるわけではありません。一度、アドレス時に目をつむってみて、トップの位置で目を開けてみて下さい。若干、頭が後方に移動していることが分かると思います。その位置までならスウェーしても大丈夫。頭を動かさないように、と意識しすぎるのは逆に危険。ただパターの場合は頭を動かさないほうが良い結果が得られると思います。

アドレス時に目をつむり、トップの位置で目を開けてみましょう。目をつむることでボールを意識せず、自然に頭が後方に動いていることが確認できるはずです。鏡を利用したり、ビデオで撮影してみるのも手。

正しいクローズ(オープン)スタンスは?

クローズ(オープン)スタンスは、ただ足の位置を目標に対して閉じる(開く)だけでは正しいと言えません。注意する点は、両股を結んだ線の角度。スタンスはクローズ(オープン)でも、両股を結んだ線の角度は目標に対してスクエアになるようにセットアップするのが大切です。

スタンスがクローズでもオープンでも、両股を結んだ線の角度は目標に対してスクエアになるようにしましょう。写真左/クローズスタンス写真右/オープンスタンス

グリップの文字に合わせて握っちゃダメ?

グリップを握るときに、そこに書かれている文字を目安に握っている人を見かけますが、これはやめたほうがいいでしょう。なぜかというと、工場出荷時のクラブはシャフトとグリップの位置関係に不揃いがあるからです。つまりクラブによってバラバラ。そんな状態のクラブですからグリップに書かれた文字を見て握ると、当然フックグリップになったりスライスグリップになったりするわけです。アイアンの場合、縦のスコアラインを参考にセットアップすることをおすすめします。

アイアンの場合は、縦のスコアラインを目標に対してスクエアにセットします。

手打ちじゃダメ。クラブはボディーターンで振りなさい。

これは危険な言葉です。これではまるで「ボディーターンだけでスイングしなさい」と言われているように勘違いしてしまいます。スイングは手だけで振ってもダメ、ボディーターンだけで振ってもダメ。その両方がうまくバランスしてはじめて正しいスイングになるのです。この言葉が生まれた背景を想像すると、手だけで振っているスイングの人に向けて言われたのだと思います。そしていつしか「手で打つのはダメ」と変化していったのかも知れません。順序としてはまず手を使ってボールを打つ感覚をおぼえ、その後にボディーターンを加味していく方法が正当。グリップしている両手を10cmくらい離してボールを打てば、手を使ってボールを打つ感覚がダイレクトに感じられるはずです。

Page >> [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
注目ワード