ホームゴルフレッスンスペシャルメソッド フォー レディース

本気で上達を目指す女性のための スペシャルメソッド フォー レディース


理想的なインパクトゾーン

ドライバーのレッスンでは、スイングに対する基本的な考え方として「良いオーバースイングと悪いオーバースイング」があることを解説しました。今回はそんなドライバースイングをさらに踏み込んでのレッスン。理想的なインパクトゾーンについて考えてみましょう。

正しいオーバースイングのおさらい

写真A

非力な女性ゴルファーが大きな飛距離を得るためのヒント。それが「正しい捻転運動」と「良いオーバースイング」にあることはすでに前回までのレッスンでお伝えしました。写真Aのように十分な捻転運動ができているオーバースイングなら、スイングのエネルギーを効率よく生み出すことができるというもの。しかしながら、そうして作ったエネルギーを確実にボールに伝えることができなければ、それは理想的なドライバースイングとは言えません。そこで大切になってくるのが、今回のテーマである「インパクト」なのです。

「インパクトゾーン」に対する間違った意識

写真B 写真C

女性に限らず「飛ばない!!」と悩んでいるゴルファーの多くが、じつは「インパクトゾーン」に対する間違った意識を持っています。それは、ボールの位置=インパクトの位置という考え方。写真Bのように、ティーアップしたボールの位置でインパクトを意識してしまうと、実際のスイングでは写真Cのように右肩が前へ出たカット打ちになりやすく、ヘッドもダウンブロー気味に入ってしまうため、スライスやフック、テンプラなど様々な弊害を生んでしまいます。

アッパーブローのスイング

ドライバーのような長いクラブでは、クラブヘッドが最下点を過ぎ、上昇し始めてからインパクトを迎えるアッパーブローのスイングが理想。それがスイング時のエネルギーを効率よくボールに伝える方法なのです。上手なプレーヤーほどテンプラになるミスが少ないのですが、その理由もアッパーブローの意識をきちんと持っているからに他ありません。もし、ミスをするのであれば、ソール部分がインパクトの手前から地面を滑るようなミスのほうが許容できるというわけです。

ポイント:正しいアッパーブロー軌道写真

<POINT>
正しいアッパーブロー軌道になっていれば、インパクト直前からヘッドは左写真のようにソール後方がしっかり地面に付き、その隙間に指先がようやく入る程度。逆にダウンブロー軌道ではソール後方が大きく浮いた状態になります。

ステップアップコラム

コラム写真1 コラム写真2

ここではドライバーでボールのつかまりを良くする練習法をご紹介しましょう。まず、写真1のように普通にアドレス。その後、写真2のように右足を引いたクローズスタンスに構え、軽いフックボールが出るように練習しましょう。右足を引くことで、カラダの捻りが大きくなり、かつ右サイドにスペースができるためダウンスイングでヘッドをいち早くリリースできるようになります。ただし、クローズスタンスなのは足だけ。フェースの向き、肩のラインは目標に対してスクエアに構え、フォローでもヘッドを目標方向にまっすぐ出すようにしましょう。


「インパクトゾーン」を作るための方法

具体的に理想の「インパクトゾーン」を作るための方法をレッスンしましょう。まず、写真Dのようにアドレスで実際のボール位置より内側(右足寄り)に仮想のボール位置をイメージします。これでスイングをして、まだボールのつかまりが悪いときは、写真E写真Fのように段階的に仮想のボール位置を内側にシフトさせてみましょう。こうすることによって、ダウンスイングでいち早くクラブヘッドをスクエアにリリースすることができ、実際にティーアップしたボールの位置にクラブヘッドが戻ってきたときには、自然にアッパーブローでボールをとらえられるようになります。

写真D
写真E
写真F
ポイント:正しいインパクト写真

<POINT>
アッパーブローの正しいインパクトができると、写真上のようにクラブが前へ動こうとする力に対して、カラダは後ろに引っ張られる感覚のフォローになります。

ダウンスイングをチェックする方法

ダウンスイングでクラブヘッドをいち早くリリースできているかをチェックする方法をご紹介しましょう。写真Gはゆっくりとダウンスイングをして、クラブヘッドが右ヒザの前に来たときにポンとヘッドを置いた状態です。このとき、すでに右ヒジが伸び、クラブヘッドが目標に対してスクエアな状態になっていればOK。正しくヘッドをリリースできていることになります。また、写真Hのように、壁に向かってダウンスイングをしてみて、クラブが右ヒザの前に来たとき、写真Iのように左腕とシャフトが一直線になって壁と平行になっていれば大丈夫。写真Jのようにグリップが先行し、ヘッドが遅れてくるのは正しくリリースできていない証拠です。

写真G
写真H
写真I
写真J

ポイント:右ヒジを早く伸ばす写真
ポイント:シャフトのしなりかたがCの字写真

<POINT>
写真左1のようにダウンスイングで右ヒジを早く伸ばすほど飛距離の出るスイングになります。
また、インパクト前のシャフトのしなりかたを、写真左2のようにCの字でイメージすることも大切です。


今月のオマケ

今月は由衣ちゃんのご愛用のグローブを紹介。
ずっとお気に入りという[KASCO]グローブ!!

あれこれ試してみた中で、由衣ちゃんが「一番しっくりくるグローブ」と言うのがキャスコの合成皮革モデル(SF520L・2100円)。

グリップ力はもちろん、手にはめたときのフィーリングが最高なんだとか。皆さんぜひご参考に!!

由衣ちゃんが「一番しっくりくるグローブ」というのがキャスコの合成皮革モデル写真
注目ワード