ホームゴルフレッスンスペシャルメソッド フォー レディース

本気で上達を目指す女性のための スペシャルメソッド フォー レディース


「良いオーバースイング」と「悪いオーバースイング」

女性ゴルファーのスコアメイクに大きく影響する「飛距離」。それを得るための方法として、これまで体重移動をうまく活用したスイングづくりを基本にレッスンしてきました。今回はその延長線上として、女性にとって有効な「オーバースイング」について解説していきます。

正しい捻転運動のおさらい

前回(正しい捻転運動)でレッスンした「飛距離を出すための正しい捻転運動」。一連の写真1・2・3のように、テークバックで右サイドに体重が乗り、インパクトからフォローにかけて左サイドに体重を乗せていく動きが理想的なスイングの基本でしたね。そしてその大切なポイントが、写真ABのようにテークバックでなるべく両肩をレベル=水平に近い状態で捻り、かつ右足に体重を乗せていくこと。今回はその正しい捻転運動を思い出しながら、ドライバー第1回目のレッスンとして「正しいオーバースイング」を考えてみましょう。

理想的なスイングの基本の写真

正しい体重移動、上半身の捻転が十分にできてさえいればオーバースイングは有効な打ち方

写真A
写真B

オーバースイングは直すべきか?

写真C
写真D

よく「オーバースイングは直したほうがいい」と言われますが、特に筋力の弱い女性の場合、テークバックを大きく取ることは決して間違いではありません。ただ、ひとことでオーバースイングと言っても、「良いもの」と「悪いもの」があるということ。例えば、写真Cのように手先だけでクラブを上げてしまい、上半身の捻転がまったくできていないオーバースイングは百害あって一利なし。

それに対し、写真Dのようにしっかりと上半身の捻転、右サイドへの体重移動ができているオーバースイングなら、スイングのエネルギーが大きくなり、より遠くへボールを飛ばすための有効な方法になるのです。

最近では宮里 藍ちゃんのようなコンパクトなトップ、大きなフォローを理想にするゴルファーが男女を問わず多く見られますが、

特に女性の場合、飛距離を出すという意味では藍ちゃんよりも横峯さくらちゃんの個性的なオーバースイングのほうがじつは理に適っているのです。一般の女性ゴルファーが藍ちゃんのようなコンパクトなトップを作ろうとすると、トップでスイングの動きを止めることになりやすく、体重移動の反動が使えなくなることも少なくありません。

<POINT>

それでは、ここから「良いオーバースイング」か「悪いオーバースイング」かの見分け方、矯正のチェックポイントを解説していくことにしましょう。

まず、先ほどの写真Cをもう一度見て下さい。「悪いオーバースイング」では、トップの位置で左肩がアドレスのときとまったく変わっておらず、左ヒザの真上にあります。一方、「正しいオーバースイング」の写真Dでは、上体が深く捻られ、左肩が右ヒザの上に来ていることがわかります。練習場などで誰かに正面からチェックしてもらえば一目瞭然なので、自分のオーバースイングが気になる人は一度チェックをしてみましょう。


オーバースイングを正しくする方法

写真E
写真F

テークバックで腕が地面と平行になったあたりで一旦スイングを止めてみましょう。
このとき、写真Eのように両ヒジの間隔がアドレスのときとほぼ同じで、両ヒジが地面を向いていればOK。このポジションからなら、写真Fのようにクラブヘッドがさらに深く入っても正しいオーバースイングと言えます。

写真G
写真H

逆に、最初のポジションでの両ヒジの位置関係が写真Gのようになっていたら要注意。このポジションからクラブを深く入れていくと、写真Hのようにシャフトが垂れ下がっただけの状態になり、体重も右足に乗りにくく、ダウンスイングではオンプレーンからクラブの軌道が外れやすくなってしまいます。このように「悪いオーバースイング」の人は、トップの位置をさわるより、この位置での両ヒジのポジショニングを矯正することを優先しましょう。


ステップアップコラム

そこそこクラブが振れているのに、なぜか飛距離が出ない…そんな女性ゴルファーも多いのでは?もしあなたがそれに思い当たる人ならば、まずスイングの基本となるグリップを見直してみましょう。

写真Iのようなウィークグリップでは、最近のクラブの特性上、大きな飛距離を出すことはまずできません。今のクラブはダウンスイング〜インパクトでフェースを返す必要がないため、最初から写真Jのようにストロングに握ってフェース面をスクエアに保ったままインパクトを迎える必要があるのです。今時のクラブでは、このストロンググリップこそが強いインパクトで飛距離を出すポイントであることを認識しましょう。
最初のうちは違和感を感じると思いますが、長い目で見て、すぐにストロンググリップに矯正することをオススメします。

正しいグリップの仕方は、写真Kのように、やや斜めになった両手を平行にしたままグリップをはさみ、そこからグリップ。そして両手の親指のラインがともに右肩を指していればOKです。

写真I 写真J 写真K
今月のオマケ

ショートウッドを多用した由衣ちゃんの「最新XXIOセッティング」をお見せします!!

決してパワーヒッターではないけれど腕前はシングル。そんな由衣ちゃんがスコアメイクのために活用しているのがショートウッドです。

3番ウッドだけでなく、5番ウッド、7番ウッドの3本をセッティング。アイアンは5番からの8本です。ぜひ女性ゴルファーの皆さんも参考にして下さい!!

ショートウッドを多用した由衣ちゃんの最新XXIO写真
注目ワード