ホームゴルフレッスンスペシャルメソッド フォー レディース

本気で上達を目指す女性のための スペシャルメソッド フォー レディース


飛距離を出すための捻転運動

これまでに、非力な女性ゴルファーが飛距離を得るためには、体重移動をうまく活用したスイングが不可欠であるとお伝えしました。そしてその体重移動に深く関係するのが「正しい捻転運動」です。今回は特にテークバックでの上半身の動き、トップの形に着目していきます。 肩を水平にまわし、右サイドへの体重移動をしっかりと行ないましょう。

テークバック時の注意

テークバックで右サイドに体重が乗り、インパクトからフォローにかけて左サイドに体重を乗せていく動きが理想的なスイングの基本。しかし、テークバックで右サイドにしっかりと体重を乗せられないゴルファーが多いのも事実です。その主な原因は、テークバックで肩を水平にまわせないこと。ボールを上から叩こうと意識してしまうため、左肩が落ちて上半身が十分に捻転できないのです。

写真A 写真A
肩のラインをなるべく水平に
写真B写真B
ターゲット方向(青矢印)に背を向ける
写真C 写真C
左肩が下がっているとNG

テークバックの意識としては、なるべく両肩を水平に近い状態で捻り、かつ右足に体重が乗っていくようにすることがポイントです。正しい捻転と右サイドへの体重移動ができると、写真A、Bのように、ターゲット方向に背中が向くような理想的な形になります。

逆に、写真Cのようにテークバックで左肩が落ちると、左サイドに体重が残ったままになり、インパクト〜フォローで右足に体重が残るリバース・ピボットのスイングになってしまいます。


ボールを見る位置を意識する

写真D

写真Dのようにボールを真上から見ようとすると、先述したようにテークバックで左肩が落ち、上半身を十分に捻転させることができません。
写真E

写真E
写真F

そこで写真Fのように、ボールに対する目線を右斜め後方から向けると、左肩を水平にまわしやすくなります。
理想的なテークバックは、このように両肩をレベルに保ち、しっかりと上半身を捻転させること。ヒザの向きや角度が変わらない範囲なら、右サイドにカラダが動いてもスウェーにはなりません。そしてその動きを身につけるために、鏡の前でシャドースイングをするドリルも有効です。


鏡に向かって練習してみる

写真G
写真H

写真Gのように、鏡の右端部分にアドレスした自分の姿を映し、テークバックで自分の顔が見えなくなるぐらい思い切って右サイドに体重を乗せてみましょう。(写真H


ステップアップコラム

ショートアイアンでややドロー系のボールが安定して打てるようになったら、なるべく早い段階でミドルアイアンに番手を上げてみましょう。但しミドルアイアンでのスイングも、基本は写真のようなハーフショットです。また、このとき飛距離を出すためのポイントとして気をつけて頂きたいのが、トップでの右腕です。

写真I
写真J

写真Iのようにトップで右腕の折れかたが急角度な人ほど弱々しく飛距離の出ないスイングになります。理想は写真Jのように、トップでなるべく右腕の折れる角が少ない状態を作ること。これが大きく力強いスイングのベースになります。

トップでなるべく腕をのばしてスイングしている写真


フェアウェイウッドでのスイングレッスン

今回のレッスンでは、特に上半身の捻転について解説しました。両肩を水平にまわしつつ、しっかりと右足に体重を乗せていく動き。そしてそれを実践するために、ボールを右斜め後方から見ることもポイントとしてご紹介しました。ショートアイアン、ミドルアイアンでうまくそのコツがつかめたら、次はフェアウェイウッドに移行して、さらに理想的な動きを体得してみましょう。フェアウェイウッドでティーアップしたボールを打つドリルがそれです。

ティーアップしたボールを打つ

写真K

写真Kのようにボールをティーアップすると、右斜め後方からボールを見る意識が強くなり、ヘッドの動きも大きく丸くなります。上から鋭角にボールを叩くのではなく、ヘッドをボールの手前から低く長く入れていくスウィープなヘッドの動きを身につけましょう。

ティーアップしたボールを打つ連続写真

慣れてきたら・・・

マットの上にボールを置いて打つ連続写真

ある程度慣れてきたら、ティーアップしたボールと、マットの上に直接置いたボールを交互に打ち、スウィープなヘッド軌道のフィーリングをつかんでいきます。

注目ワード