ホームゴルフレッスンスペシャルメソッド フォー レディース

本気で上達を目指す女性のための スペシャルメソッド フォー レディース


スイング作りの基本 ハーフショット

一般的に男性よりも非力な女性ゴルファーにとっては、ウェートシフト=体重移動をうまく活用するゴルフスイングが不可欠だと前号で述べました。そこで今回のレッスンでは、基本的なクラブとカラダの動かし方、体重移動を身につけるためのドリルを中心にレッスンしていきます。

上半身の動かし方を身につける

写真A

両手を離したグリップでクラブとカラダの一体感、正しい上半身の動きを知る。
体重移動を上手に使えるスイングを覚えるためには、最初に「手打ち」にならない上半身の動かし方を身につけることが大切です。


写真Aのように両手を離してクラブを握るスプリット・グリップでのハーフスイングをまず体験してみましょう。これによって、テークバックでもインパクトでもフォローでも、常にグリップが自分のカラダの正面にくる上半身の動きが身につきます。

ハーフショットにトライ

スプリット・グリップで実際にボールを打ったり、素振りを繰り返すことで感じがつかめたら、次はハーフショットにトライします。写真のように、テークバックでもフィニッシュでもグリップが肩の高さ程度ぐらいまでしか上がらないイメージでスイングしてみましょう。

クラブが収まる位置

写真B 写真C

クラブが収まる位置としては、テークバックではシャフトの線が真後ろから見て右肩と重なる(写真B)のが理想。一方フォローでは正面から見てシャフトの線が左肩と重なり合う(写真C)のが理想です。

そしてこのハーフスイングでもうひとつ大切なのは、体重移動のポイントとなる下半身の動きです。ひと昔前のスイング理論では、スイング中にカラダが左右に動くことをタブーとしてきました。そのため、下半身を固定したまま上半身だけで打つ悪いクセがつき、結果的に下半身を使えないスイングになってしまう恐れがあったのです。

下半身の動き(1)

写真D 写真E

しかしながら、体重移動を利用するためには、ある程度スイング中にカラダが左右に動くのはむしろ必然。テークバックでは、写真D写真Eのように右足外側から垂直に立てたシャフトの位置まではカラダを動かしても構いません。

下半身の動き(2)

写真F 写真G

インパクトからフォローにかけては写真F・写真Gのように左足外側から垂直に立てたシャフトの位置まで左サイドが移動するのが自然な動きなのです。但し、スイング中にヒザが流れたり、伸びたりすると結果的にスウェーと同じ悪い動きになってしまうので、両ヒザの向きや高さが極力変わらないようにすることがポイントです。

下半身を固定しすぎると

写真H 写真I

下半身を固定しすぎると、写真Hのように左足に体重が残り、写真Iのようにインパクト〜フォローで右足に体重が残る、いわゆるギッコンバッタンのスイングになってしまいます。


体重移動を徹底的に覚えるためのドリル

体重移動をしっかりと覚える方法として、ここではカラダ全体を使ったスイングドリルをご紹介しておきましょう。最初はうまくボールに当たらないかもしれませんが、練習の始めや、途中に取り入れながら根気よく続けて下さい。

カラダ全体を使ったスイングドリル

写真1

写真1
両足を揃えてアドレスします。

写真2

写真2
次に右足を開きながら、体重を右足にのせつつテークバック。

写真3

写真3
トップの直前ぐらいから左足を上げ、右足一本に全体重をのせます。

写真4

写真4
右足にのった体重を、インパクト〜ダウンスイングにかけて左足に移しながらスイングします。

注目ワード